So-net無料ブログ作成
検索選択
失敗談ほか ブログトップ

Яの呪縛から逃れる [失敗談ほか]

ふと、ロシア語を習いはじめたことを思い出しました。

はじめてロシア語の先生と会った時に「どうしてあなたはロシア語をはじめようと思ったんですか?」と聞かれて、私が答えたのは…
「なんとなくです」
…でした。
今でもあの先生の微妙な表情は忘れられません。
なにせロシアについてほとんど知識は持っていませんでしたし、バレエスポーツなどにも興味はありませんでした。本当に思いつきではじめたんです。

でも、ものの本によれば、人の人生っていうのは「その当時、軽い気持ちで選んだ事が、あとで振り返ってみると、その後の生き方に大きく影響を与えている」というものだそうです。
私もその通りだと思います。
私自身も、まさかロシアと仕事で関わったり、バイクでロシアにツーリングに行くとはこれっぽっちも思いませんでした。

でも、思い返せば、ロシア語を習いはじめてから最初の半年間のなんとつらかった事か…
目に見えるような成果がほとんど出ませんし、格変化ではこんがらがるし…毎回毎回授業ではダメ出しばかりされていましたし…あ、半年ではありませんね、一年間以上はつらかった気がします。

しかも、自分についての文章を書いてくる宿題が最初はとてもつらかったんです。
「Яの呪縛」とでも言いましょうか、Яから始まる文章の羅列に心が折れそうになります。
例えばこんな感じです。
ーーーーーーーーーーーー
Я работаю инженером на кампании.
私は会社で技術者として働いています。
Я обычно обедаю в столовой.
私はたいてい食堂で食事をしています。
Я ...
私は…
ーーーーーーーーーーーー


こんな感じで「私は…」「私は…」とつながる文章しか書けなくてすごく嫌でした。
無理やり、Яからはじまらない文章を作ろうとすると、すごく長い文章になってロシア語では支離滅裂になってしまいます。


これを避けるためには、
ーーーーーーーーーーーー
「AはBです」
「BはCです」
「CはDです」
ーーーーーーーーーーーー

というように、前の文章で説明した事柄を、次の文章では中心に据えて説明する、ことを続けて行くことで「Я…Я…Я…Я…」の文章から逃れられることが出来たのです!
(この方法は、実は、何かの語学書に載っていたのを見つけただけなんですが…)

ーーーーーーーーーーーー
Я работаю инженером на кампании.
私は会社で技術者として働いています。
Моя кампания - очень старая кампания.
私の会社はとても古い会社です。
На работе я занимаюсь ...
職場では、私は…について担当しています。
Моя работа очень интересная.
私の仕事はとても面白いですよ
Например …
例えば…
ーーーーーーーーーーーー


こんな形で文章を作るようになってから、作文がかなり楽になった気がします。

「Яの呪縛」は恐ろしいです!

それ、ロシア語じゃなくてモンゴル語です [失敗談ほか]

先日、ふと職場で「これ読めますか?」と言われて、文書を見せられたのですが…

そこにあったのは、確かにキリル文字なんですが…読めません。
3行くらいの文章に、ひとつとして知っているロシア語の単語が存在しません。
そこでなけなしのキリル文字系言語の知識を総動員して考えました。
セルビア語の教科書を一度見たことがあったんですが、同じ単語もあって、かなりロシア語と似ているという印象を持ちましたけど…目の前の文章は、あまりにも、単語の中の綴りというか「音」さえも違っています。
そうそう、ブルガリア語には「Ъ」が多く使われているけど、ここには一つもないから、ブルガリア語ではないってのもわかります。

 で、キリル文字を使って、ここまで読めない言語は…私は、モンゴル語しか知りません。
「すいません、これはロシア語じゃありません。確かにキリル文字なんですけど、単語というか並びがロシア語じゃないんです。多分モンゴル語だと思います」
と、答えるしかありません。
「たぶん、たぶんだと思いますけど…」
 (そもそも、私の言語関係の知識って、黒田龍之助さんの著作からしかありません)
 そしたら、別の書類に「Ulaanbaatar(ウランバートル)」と書かれていたのが判りモンゴル語だということが判明しました。
 良かった、良かった…ほんとに…。
 まさか目の前にモンゴル語が現れるとは思いませんでした。

ありがとう、黒田龍之助さん。



世界の言語入門 (講談社現代新書)

世界の言語入門 (講談社現代新書)






はじめての言語学 (講談社現代新書)

はじめての言語学 (講談社現代新書)

  • 作者: 黒田 龍之助
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/01/21
  • メディア: 新書





ことばは変わる ─ はじめての比較言語学

ことばは変わる ─ はじめての比較言語学

  • 作者: 黒田 龍之助
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 2011/11/29
  • メディア: 単行本




外国語の水曜日―学習法としての言語学入門

外国語の水曜日―学習法としての言語学入門

  • 作者: 黒田 龍之助
  • 出版社/メーカー: 現代書館
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本



ふと気がつくと、黒田龍之助さんの本をかなり持っていることに気がつきました。
ちなみに最新刊はこれです。

ポケットに外国語を (ちくま文庫)

ポケットに外国語を (ちくま文庫)

  • 作者: 黒田 龍之助
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2013/11/06
  • メディア: 文庫



モレスキンのノートって不思議、自分の「思考のアーカイブ」になる。 [失敗談ほか]

 今回はモレスキンのお話です。

 先日購入したノートは、不良品でしたが、すぐにモレスキンが対応してくれたおかげで、結局自分のところに新しいノートが一冊増えてしまいました。

 で、このモレスキンを使っているうちに、気が付いたんです。
P2012_0223_195206.JPG
 このノート、自分の関心事や重要な事柄を書き込んでいくうちに、自分の「思考のアーカイブ」になるんです。
 情報だけじゃなくて、自分がどうしてその情報について、価値判断したか、とかの道筋を追えるんです。
 PCやスマートフォンやiPadのまっさらなフォントだけでは、記録できないものが記録できるんです。
 そもそも、いつもPCやiPadを持っていられる人なんて、実際には、限られた人だけです。
 他の人と会ったり、打ち合わせをしたり、交渉に出向いたり、さらには海外に行ったりするとPCって意外にもジャマなんです。(必要なものなんですけどね)
 しかも、PCに残せる情報って意外や意外、比較的最近のものばかりなんです。
 ちょっと古い情報はあっという間にアプリケーションで開けなくなったり、持ち運んで使っているノートPCではパワー不足で実質的に使えなかったりするわけです。
 さらに、いろんな分野の仕事に関わっていると、PCに残せない『感覚的なモノ』が多かったりします。(デザイナーなどのクリエイティブな仕事に就いている人は特に)

 しかも大抵のノートは、あちこちに持ち運んで使おうとすることを考えていないはずです。
 手でノートを持ち歩くと、品質の高い日本製でも、表紙が手垢で汚れたりしてカッコワルイ。自分には重要でも、人前には出したくありません。
 たぶん、そもそも一般的なノートって学生が鞄に入れて家から学校に移動して、授業に使って、また鞄に入れて……塾に行ったり、家に帰ったりして、また机の上で開いて……という使い方を想定しているんでしょう。
 でも、私のようにあちこちに持ち歩いて使う人――手で持ってあちこちの部屋をうろつき廻ったり、電車の中、膝の上のトランクの上で開いたり、打ち合わせで膝の上でノートを開くなんて人――には、普通のモノではダメなんだと思います。
 しかもある程度、情報が書き込まれて、「ああ、このノートなんか良い感じ」と思っていたりすると、ぷつっと残りのページが終わったりします。じゃあ、分厚いノートにして、さらにカバーをして使おうと思うと、今度は手触りがカバーでしっくりこなかったり、重くなったりして最後まで使えません。

 で、モレスキンのハードカバーってすごく出来が良くて、汚れにくいし待ちやすいし、ノートのページ数も絶妙なんです。細かいところには不満なところもいっぱいあるけど、必要な部分はきっちりと押さえている感じです。

 なるほど、世界中で愛されるって、わかるわぁ。
 (ただし、行儀の良い使い方をするならば、日本のノートは使いやすいです)

 いろんなノートを使ってみたんですけど、書き込んでいくと、半分くらい行った時に、なんか書き込むことがイヤになってやめてしまった事ってありませんか?
 そこに書き込んである情報は、それなりに大切なのに、なぜかページをめくりたくない。
 他にも仕事中ならノートを開くけど、自分の時間(たとえば、家でくつろいでいる時とか、寝る前とか)には開きたくない、なんてのが多くありませんか?
 わたし、そんなことばっかりでした。
 3分の1くらい使ってほったらかし、半分使ってほったらかし、そんなことばっかり。
 なんか、うまくいかないなぁ、って感覚があったんです。

 で、モレスキンだと、それがない。

 表紙が汚れてみすぼらしくなることもない、ページがバラバラになることもない……今までのノートって、メモの延長線にあって、ある程度時間がたったら廃棄、みたいな感じですが、モレスキンはそれがないんです。
 しかも、自分の(そのときの)情報だけでなく、考え方や感じ方まで記録される「自分の思考のアーカイブ」に育つんです。場合によっては「自分の思考のアルバム」にもなります。

 あ、これはすごい、って思いましたね。
 
 もし、私のようにノートの3分の1しか使えない人は、一度モレスキンのハードカバーを使ってみてください。ページの半分を超えることが出来たら、それまであなたの思考をジャマしていたのはノートそのものの作りです!
 使ってみてください。
 買うのに勇気がいりますけど、使ったら後悔はしません。
 (私は買うかどうか、店先で一時間近く悩みました)
モレスキン http://www.moleskine.co.jp/


MOLESKINE モレスキン スクエアードノートブック・方眼・ラージ

MOLESKINE モレスキン スクエアードノートブック・方眼・ラージ

  • 作者: MOLESKINE
  • 出版社/メーカー: カファ
  • 発売日: 2008/09/01
  • メディア: 単行本



モレスキンのノートで不良品にあたる… [失敗談ほか]

ロシア語の勉強(特に自習用)にモレスキンのノートを使っています。
あえてこの高価なモレスキンを使うことで、うまくいかなかったら自分が悪い、ってことにしています。
かつて、仕事でもプロ用の高価な機材を使って、絶対に機材のせいに出来ないようにしてスキルアップを図ったことがありました。こうすれば、自分自身としては機材などの不安要素はなくなるので中身に集中できるし、うまくいかなかった時でもその結果に納得することが出来ます。

で、ノートも普通のやつを使ったりしていたのですが、なんかしっくりこない…で、モレスキンにしてみたのですが…万年筆には向いてないこともあって、なんか期待していたほどでもない。でも、タフなので確かに使いやすいところもあって、それなりに気に入ってきたところ…

不良品でした…
image.jpeg

ハードカバーのスクエアード(方眼は筆記体が書きやすいのです)のラージサイズなんですがページをめくったら、白紙になってました。

力が一気に抜けました(^^;;
調べると全部で4ページありました。

モレスキンのホームページからクレームいれましたが、もうなんていうか、自分の思考がモレスキンにジャマされたイメージになってしまいました。
こんなこともあるんですね(^^;;


※すぐに丁寧なお詫びと、さらに点検した良品を送ってくれるとの連絡がありました。(^◇^)
 使っているノートは、そのまま手元に残して良いとのことで、安心しました。
 きちんと対応してくれるので安心です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

アルファベット(ローマ字)が書けない… [失敗談ほか]

つい先日のことです、ロシアへ荷物を送ろうとして、自分の住所をアルファベットで書いたのですが…間違えてしまいました。家に帰って、控えの伝票を見たら、私の住所のところのローマ字が間違っていました。(相手先住所でなくて良かった)
私の住まいの住所には、「桜」という字が含まれているのですが…
ローマ字表記で、「Sakуra」と書いてしまっていました。
やっちまいました。
もちろん、正しいのは「SAKURA」です。
ローマ字の「U」が、ロシア語の「ウ」である「У」になってしまったんです。

今回も、何回か見直したんですけど、気がつかなかったんです。
「Н」と「И」には気をつけていたんですけど、「У」で間違うとは…

次回から気をつけます。

失敗談ほか ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。