So-net無料ブログ作成
検索選択
ロシアについて思う ブログトップ
- | 次の10件

7月のサハリン州郷土博物館(旧樺太庁博物館) [ロシアについて思う]

サハリン州郷土博物館(旧樺太庁博物館)です。
m003.JPG
日曜日ともなると、市民の憩いの場所になります。
子供たちもブレードランナーで遊んでいたりします!
他にもストリートミュージシャンでやたらとすごくうまいおじさんがサックスを吹いていたり、ここを見ても、すでに多くの日本人が想像しているロシアのイメージはありませんでした。

しかも、特に土曜日は、結婚式のあとに、こういうメジャースポットで新郎新婦が記念撮影するをするのが一般的なので、あちこちに幸せそうなカップルがいます!

m001.JPG
ほんとみんな幸せそうで、ついつい、こちらまでつられてついニコニコと笑顔になってしまいます。
m002.JPG
2年くらい前から館内の敷地の庭も整備が進み、この時は手入れされたバラが咲き誇っていました!

次の日、一緒に仕事に行っていた仲間の一人がまた行ってみたそうですけど、結婚式のカップルは日曜日にはぱったりいなかったそうです。どうも、土曜日に結婚式をあげて、次の日はお休みにするみたいでした。

7月のサハリン・ガガーリン公園(ユジノ・サハリンスク市内) [ロシアについて思う]

撮影してから、ずいぶん経ちますが、サハリンに関する画像も多いわけではないので何かの役に立てればと紹介していこうと思いました。

 で、その1回目。
 7月の休日に訪れたガガーリン公園の様子です。
 公園に立つ宇宙飛行士ガガーリンの、とても微妙なポーズの像と、子供が運行している公園内の敷地を走る列車の画像です。
CAGFGKSD.jpg
 この列車、責任者として大人が乗っていますが、運転の操作などは基本的にすべて子供たちの手によって行われています。なんでも、2年くらい前までは動いていなかったそうですが、今では完全に復活しているそうです。

 子供でも電車の運転が出来るなんて、電車好きの子供からすれば夢のような話かもしれませんね。公園といっても、かなり広いのでなかなかのものです。
CACY9YG3.jpg

ロシアびいきになったかも? [ロシアについて思う]

ネットでロシア語関係を検索したときに、どうしてロシアびいきのサイトが多いのかと不思議に思っていました。

で、自分もふとロシアびいきの一人になっていて、今更ながら驚いています。

なんていうんでしょう、良いところもあるのにそれをすごくバカげた理由で拒否している人が多いと、やっぱり自分自身くやしいし、味方してあげようと思っちゃうわけです。
しかも、尊敬できるロシア人と出会ったりするとなおさらその気持ちが強くなります。

一年前は、内心自分でロシア語を始めたものの、「どこが良いんだろう」と思うことも一杯あったのに、今やいろいろと興味が出てきています。

例えばほら、ダーチャってあるでしょう。郊外にある別荘で、手作り感いっぱいの小屋みたいなレベルから高級住宅みたいなものまであるんですけども、あれって、行ってみると秘密基地ごっこの延長線にある楽しさがあるんです。
基本的にインドアな私でさえ「あ、ヤバイ、これは思った以上に楽しい」なんて思いましたから。

今の日本ってすごくストレスが多くなっています。でもそうじゃないところもあるわけです。
自分が当たり前だと思っていたことが、そうじゃないって思うこともあったりします。
正論はいくらでも言えるけど、そんなことを押し通したら自分も相手も傷つくことだってあるわけです。下手したら相手の人生をめちゃくちゃにしてしまうかもしれない、なんてこともあります。
外国で、いろいろなことを感じて、いろいろなことを考えて、もう一度自分を考え直すんですよね。
そして、そういう他の国で得た事って、意外にも自分の自信にもつながるんだ、って分かったりします。
で、その良いところを見つけた国を他の人にも教えたくて「ロシアって思っていた以上に良いよ」って言いたくなるんです。
でもあんまり期待したほど反応がないから、ついついしつこく言い出してしまったり…するわけです。
(いやなところは隠してね。たぶん10個良い事が書いてあったら、他に5個くらいは悪い事もあるはず)

そういうわけなんです。

しかもね、私は英語が出来ないので、それにすごく引け目を感じていたりしたわけです。
でも、ロシア語を勉強するようになって、しかも、簡単な事ならまあ英語よりも話せるようになると、「ありがとうロシア語!」という気持ちが出てくるし、英語以外の言葉を学ぶと今までのように、「アメリカが世界の中心だ。だからアメリカの言う事は正しい」ってことも「いやいや、アメリカが言う事は『アメリカから見た正しい』事であって、それをどう受け入れるかはいろいろな事情による」ってことも分かってきます。
すると、「アメリカの考えにはここまでは賛成できるけど、その先は賛成出来ないな」とか「あ、日本はもっとうまくやれるはずだ」なんてことを考えるようになります。

一年で人の考えってずいぶん変わるもんだなぁと思います。


- | 次の10件 ロシアについて思う ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。