So-net無料ブログ作成

団体ツアーをよく観察している犯罪者 [ロシアについて思う]

聞いた話で恐縮なのですが、団体ツアーも犯罪者に狙われるそうです。
特に日本人団体ツアーはスケジュールがビッチリと詰まっていますし、添乗員も1人です。
添乗員の他にも、ロシア人ガイドもいたりしますが、基本的にツアーへの参加者は緊張感はありません。
ましてやフラフラとグループを離れがちなメンバーがいたりすると、添乗員もガイドもそちらに注意を取られます。
そんな中で、最後尾でゆっくりと歩いて遅れがちな人がスリ(もしくはファスナー式のバックやリュックの口を開けて財布などを抜き取られる)の被害にあったりします。
しかも被害にあっても、キツキツのスケジュールのため警察に被害届を出すこともままならなかったりします。(被害届を出すため警察署まで移動するにも渋滞で時間がかかったり、手続きが遅いなどで数時間かかってしまうとのこと)
特に、ツアーの最終日でその日のうちにロシアを離れるような時は、まず被害届を出す事は無理。
なので、犯罪者にとって団体ツアーは良い標的にされたりするそうです。
とにかく、団体ツアーで行く場合には、最後尾にならない+グループから離れない、ことだけでもかなりリスクが減らせるそうです。
犯罪の被害にあった、ロストバゲージが発生した、急に体調を崩した人が出た、などの場合には添乗員はそちらの対応をしなければならず、これまたそういう目配りが届いていない団体が狙われるそうです。

気をつけるケース:
(1)ガイドや添乗員がツアー客を急がせている[→]スケジュールがキツキツで警察に被害届を出す余裕がない
(2)添乗員が団体からよく離れる[→]何か問題を抱えているため、ツアー客に十分に目配り出来ていない

こんな状況になったなら、ゼッタイに犯罪者は目をつけます。
さらに、なぜかずっとグループをつけてくる人間がいる(帽子を深くかぶったりしている)、場合には確実にマークされているので警戒が必要だそうです。

image.jpg
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

単語帳の国に迷い込む? [ロシアについて思う]

すごく当たり前のことなんですが、ロシアに行っている間に感じた事は…

「うわ〜、まわりが全部ロシア語の単語帳だ〜。ひょっとしておれって、単語帳の国に迷い込んだんじゃないか?」
image.jpg
って事だったりします。
まわりを見るとロシア語。とにかくロシア語。いっぱいロシア語。
image.jpg
ああ、なんか、ぼんやり散歩して、辞書を引きながら歩いて行きたい。
なんてことも考えたりしました。
最も、そんなことしてたら迷惑だし、悪いやつに目をつけられるかもしれないので出来ないですけど…

ふとそんな不思議な感覚に陥ったのでした。




これなら覚えられる! ロシア語単語帳 (CDブック)

これなら覚えられる! ロシア語単語帳 (CDブック)

  • 作者: 柳町 裕子
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2011/03/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


やっぱりこの本、お勧めします。

ロシア国立チャイコフスキー邸博物館 [ロシアについて思う]

今回、自分として印象に残ったのは、モスクワから90キロほど離れたクリンという町にある「ロシア国立チャイコフスキー邸博物館」でした。
__ 2.JPG
とても落ち着いた雰囲気の場所で、確かにこの場所なら落ち着いて創作活動が出来そう、という感じの場所です。しかも、鉄道の駅も近くにあったり、サンクトペテルブルクとモスクワ、どちらに移動するにも便利なところだったそうです。

__ 3.JPG
残念ながら、チャイコフスキーは一年半ほどしか住めず、亡くなってしまうわけですが…

__ 4.JPG
チャイコフスキーがシューマンからもらった指揮棒も展示されていました。
実際にシューマンはこの指揮棒をコンサートで使用したことがあるそうですが、チャイコフスキーは自分のコンサートでこの指揮棒を振ることはなく、大切に保管していたそうです。
他にも、名曲アルバムとかで見た現物が目の前にあるわけで、もうドキドキします。
__ 5.JPG
実際に使っていた机とかもあります。チャイコフスキーは絶対音感の持ち主なので、作曲にはピアノなどを使わず、この机で楽譜に向かっていたのです。

それと、売店のロシア人のおばさんがいい人で、見学していたのが閉館ギリギリだったために、他の博物館の職員がホールの照明を消してしまったのですが、「日本から来てるんだから明かりをつけてちょうだい!」と、またつけてくれたりしてくれました。結構嬉しかったりしました。
結局、帰りにはその明かりを消した人も「ダスヴィダーニャ!」って言ってくれたりして、かなりほんわかとあたたかい気持ちになったのでした。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

モスクワとサンクトペテルブルクに行って来ました。 [ロシアについて思う]

ずいぶん、更新が出来ませんでした。
実は、モスクワとサンクトペテルブルクに行っていました。
ヨーロッパ・ロシアと言われるだけあって、ああ、ロシアの西側は確かにヨーロッパに近いんだ、としみじみと思ったりしました。

印象に残ったことは、モスクワは渋滞が酷いってことでした。
どこに行っても渋滞に遭遇して…
なんでも、ある程度収入を得ると自家用車を持ってそれでマイカー通勤するのがステータスになるそうで、会社員でも渋滞のために11時に出勤になるなんてざらになってしまうとか…日本だったら許されないんですけど…
image.jpg
あちこち、観光することが出来たのですが、渋滞の印象があまりにも強くなってしまいました。

それと「赤の広場」は、稀に見るがっかり観光スポットでした(^^;;
あの赤の広場は、一年のうち300日以上がイベント関係で敷地を占有しているとのことで、私が行った時もコンサートの臨時席の撤去のために広場の多くが金網で仕切られている状態でした…
image.jpg
もうがっかりでした(^^;;
せっかくの観光資源なのに…

サンクトペテルブルクの方が、綺麗で素敵な街、という印象でした。
image.jpgimage.jpg

ちょっとしたことなら私のロシア語でもなんとかなったので、それなりに楽しかったのですが…
どうしてもモスクワの渋滞の酷さが印象に残った感じでした。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。