So-net無料ブログ作成
検索選択

それ、ロシア語じゃなくてモンゴル語です [失敗談ほか]

先日、ふと職場で「これ読めますか?」と言われて、文書を見せられたのですが…

そこにあったのは、確かにキリル文字なんですが…読めません。
3行くらいの文章に、ひとつとして知っているロシア語の単語が存在しません。
そこでなけなしのキリル文字系言語の知識を総動員して考えました。
セルビア語の教科書を一度見たことがあったんですが、同じ単語もあって、かなりロシア語と似ているという印象を持ちましたけど…目の前の文章は、あまりにも、単語の中の綴りというか「音」さえも違っています。
そうそう、ブルガリア語には「Ъ」が多く使われているけど、ここには一つもないから、ブルガリア語ではないってのもわかります。

 で、キリル文字を使って、ここまで読めない言語は…私は、モンゴル語しか知りません。
「すいません、これはロシア語じゃありません。確かにキリル文字なんですけど、単語というか並びがロシア語じゃないんです。多分モンゴル語だと思います」
と、答えるしかありません。
「たぶん、たぶんだと思いますけど…」
 (そもそも、私の言語関係の知識って、黒田龍之助さんの著作からしかありません)
 そしたら、別の書類に「Ulaanbaatar(ウランバートル)」と書かれていたのが判りモンゴル語だということが判明しました。
 良かった、良かった…ほんとに…。
 まさか目の前にモンゴル語が現れるとは思いませんでした。

ありがとう、黒田龍之助さん。



世界の言語入門 (講談社現代新書)

世界の言語入門 (講談社現代新書)






はじめての言語学 (講談社現代新書)

はじめての言語学 (講談社現代新書)

  • 作者: 黒田 龍之助
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/01/21
  • メディア: 新書





ことばは変わる ─ はじめての比較言語学

ことばは変わる ─ はじめての比較言語学

  • 作者: 黒田 龍之助
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 2011/11/29
  • メディア: 単行本




外国語の水曜日―学習法としての言語学入門

外国語の水曜日―学習法としての言語学入門

  • 作者: 黒田 龍之助
  • 出版社/メーカー: 現代書館
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本



ふと気がつくと、黒田龍之助さんの本をかなり持っていることに気がつきました。
ちなみに最新刊はこれです。

ポケットに外国語を (ちくま文庫)

ポケットに外国語を (ちくま文庫)

  • 作者: 黒田 龍之助
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2013/11/06
  • メディア: 文庫



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。