So-net無料ブログ作成
検索選択

(発音)子音と前置詞вの関係 [ロシア語]

 これまで、無声子音と有声子音ってなんのために分類されているのかと思ったのですが、前置詞вの発音にも影響していたんですね。
 今さらなんですが、発音がらみのことってなかなか覚えられなくて…
 有声子音や無声子音は語学書では最初に出て来るんですが、どうしてそんなものがあるのかピンとこなかったんですが、やっと自分なりにひとつの意味付けが出来ました。

 で、今回なんですが…そもそものきっかけは、単語を伴った前置詞の「в」の発音がうまくいかなかったことです。

たとえば…

「в банке」(銀行で)

どこにでも出てくるような文章ですが…私にとっては、正確に速く発音しようとすればするほど、かなり難しいんです。

 前置格の「в」と、有声子音の「б」が続いているので「в」は「ヴ」と発音することになります。
 発音すると…「ヴバンケ」…つまり、濁った感じの「ヴ」のすぐ次には、普通の「ブ」の子音がくるはずなのですが…ゆっくり話せば出来ます。
 ゆっくりなら出来るってことは…そうです、速く発音することは出来ません…

 先生によれば、「в」の口の形をしておいて次の「б」から発音するイメージ、とのことなんですが…いまのところ出来ていません。
 練習はしているのですが…

 ちなみに、無声子音(к,п,с,т,ф,х,ц,ч,ш,щ)の前に前置詞「в」がおかれた場合は「ф(フ)」と発音するので楽です。

 Я играю в шахматы.
 (私はチェスをする)
 この場合は、ヤー イグラーユ フシャーフマトゥィになるわけです…今回の一件で、一気に無声子音が好きになりました。

 それにしてもв банкеなのですが…
 どうしても「フバンケ」に聞こえてしまうんです。
 耳が慣れていないというか、聞き分けられていない、ってことなんだと思います。
 確かに先生の発音を聞いてみると、かすかに「ヴ」の音もあるような気もするんですが…

 そもそもなんで、これで悩んでいるかというと、サハリンに行っていたときに、前置詞と次の単語がくっついて話されていたことを実感したんです。
 「ブズモーリエまで」という意味の「до Взморье」は「ダフスモーリエ(本当はダブズモーリエなのかもしれません)」って聞こえましたし…
 それで、やっぱり出来た方がいいよなぁ、と思った次第なんです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ロシア語で考えるって、こんな感じ? [ロシア語]

最近、ふと思ったんですが、外国語を自然に話すってことは…

(1)日本語の文章を考える
(2)外国語に翻訳する

 って順序で進むわけではない、と今では考えています。

 たとえば、日本語の文章の「ここからの眺めは、とても素晴らしいですね」なんてのをロシア語に翻訳しようとしたら…
__.JPG
 すいません、私は出来ません…
 そもそもとっさに「ここからの眺め」って表現が出来ません。
 なにか、この表現、いやーな雰囲気がぷんぷんします。
 簡単に思いつかない日本語のニュアンスの場合、パズルゲームみたいな作業で、無理矢理に外国語に直したとしても、ニュアンスが通じない、という事が多いですし…。
 例えば「裸の付き合い」とかね。

 それじゃどうするかっていうと…いっそ翻訳をやめてしまいましょう!

 翻訳をやめて、自分の中にわき上がったイメージを伝えるようにしましょう!

 もう少し詳しく言うと…こんな感じです。
(1)自分が表現したいイメージを思い浮かべ、そのイメージから連想される単語をピックアップ
(2)集まった単語から、そのイメージに近づくように文章を作る

 「ここからの眺めはとても素晴らしいですね」という表現ではなく、
 見た景色から…『山』『ここ』『素晴らしい』『良い』『とても』『青空』『近い』『自然』とかが思い浮かんだとします。
 そうしたら…その単語のいくつかを使って表現すれば良いわけです。
20131012205819.jpg
Какая красивая гора!
 すごく綺麗な山ですね
Синее небо тоже красивое.
 真っ青な空も綺麗です。
Мне нравится это место.
 私はこの場所が気に入りました。

 さらに、会話を転がすならば…

Вы часто приходите здесь?
 あなたはよくここへ来るんですか?

 なんて続ければ良いわけです。
 相手が答えたら、それについて会話を重ねれば良いし、続けて自分の思いを伝えても良いわけです。

Если бы я жил в этом городе, я часто бы приехал здесь.
 もし私がこの町に住んでいるなら、私はここに良く来ますよ。

 なんて続けることも出来ます。
 文章そのものは、初心者用語学書の最初のページに載っているような簡単なものです。
 むしろ「こんな文章なら、自分の方がもっとうまく作れる」なんて思う人も多いかもしれません。
 でも、こうして簡単な単文でも、いくつも重ねていくと、会話のリズムが作られて、物事を感情豊かに伝えられるようになります。
 しかも簡単な表現が多いですから、自分の表情や身振り手振りも使って、もっと気持ちを込める余裕だって出てきます。

 『自分が今持っている能力で、自分の思い描いたイメージを相手に伝える』ことは、実は「外国語で考える」ってことに繋がっているんじゃないか、と思う今日この頃です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。