So-net無料ブログ作成
検索選択

torch7のバリエーションcl-torchはおススメできません [人工知能(ディープラーニング)]

torch7のバリエーションには、open-clで処理をGPUに割り当てるものもあります。
cl-torchとか、distro-clとか呼ばれているものですが…オススメできません。

スクリーンショット 2017-02-10 23.20.12.png
(プログラムのライブラリにclnnやcltorchが含まれているcl-torch動作版のプログラム)


導入してみたのですが…すごく遅いのです。
MacBook Pro (15インチ, 2016)、GPUにRadeon Pro 460を搭載しているモデルでも、下手にOpen-CLなど使わずにCPUで処理した方が早かったほどです。

最初はCPUのパワーを使わずに動いていて、「お、これはいけるか?」と喜んだのですが…
JETSON TK1の5倍もの時間がかかります。(JETSON TK1(CUDA動作)で40秒で終わる処理が、cl-Torchでは200秒以上かかります)

まさかと思って、CPUで動作させると、同じ処理に40秒…しかかかりませんでした。
しかも、別のLINUXのTorch7で作成した人工知能データを読み込ませると、エラーで動作しないというおまけつきです。
発想は良かったのですが…中身が付いてきてませんでした。

CUDAが使えないパソコンの救世主に見えて、実は見掛け倒しという悲しい運命を背負ってしまったようです。

さっそく、cl-Torchは、コマンドラインからさっくり「rm -rf cl-torch」で削除して、通常版のtorch7をインストールしました。
それにしても、2016年のMACBOOK PROはCPU動作でもJETSON TK1のCUDA動作に負けない性能になっていたんですね。
2012年モデルのMAC MINIはTK1にかなり大差で負けてしまうのですが。
(3万円のJETSON TK1が大健闘していると言えるかもしれません)

 結論としては、cl-torchはお勧めできません。
 なにせ、正式なtorch7で作成した人工知能モデルがエラーで動かないのは致命的です。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。