So-net無料ブログ作成
検索選択

メディアは誰のためのものなのか? [その他思う事]

明日5月21日のNHKスペシャルが「そしてテレビは“戦争”を煽(あお)った~ロシアvsウクライナ2年の記録~」です。
この番組実はかなり気になってます。
戦争が起きたときメディアは戦争を肯定するのか否定するのか、
メディアは誰のためにニュースや番組を作るのか、
インターネットは本当に正しく戦争を伝えられるのか、
自分たちに都合が良い情報を連ねるだけの「個人が国の代理戦争みたいな情報戦」に加わったりするだけになったりしないのか、
インターネットが普及してみんな一次情報に触れていると思っているかもしれないけど本当にそれが正しい一次情報なのか、
誰かがそれを意図的に歪めた情報だったりしないのか、
こんなにノイズのような情報が溢れかえるインターネットでどれだけ正確な情報にたどり着けるのか、
実はいま現在私たちはとても危うい情報媒体しか持っていないのではないか、
…ということをずっと考えていたりします。

ひょっとしてひょっとすると、このNHKスペシャルは何かそれに関係する事を示唆しているんじゃないかと思ったりしています。
明日21時からとりあえず録画しておかないと…


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0