So-net無料ブログ作成
検索選択

団体ツアーをよく観察している犯罪者 [ロシアについて思う]

聞いた話で恐縮なのですが、団体ツアーも犯罪者に狙われるそうです。
特に日本人団体ツアーはスケジュールがビッチリと詰まっていますし、添乗員も1人です。
添乗員の他にも、ロシア人ガイドもいたりしますが、基本的にツアーへの参加者は緊張感はありません。
ましてやフラフラとグループを離れがちなメンバーがいたりすると、添乗員もガイドもそちらに注意を取られます。
そんな中で、最後尾でゆっくりと歩いて遅れがちな人がスリ(もしくはファスナー式のバックやリュックの口を開けて財布などを抜き取られる)の被害にあったりします。
しかも被害にあっても、キツキツのスケジュールのため警察に被害届を出すこともままならなかったりします。(被害届を出すため警察署まで移動するにも渋滞で時間がかかったり、手続きが遅いなどで数時間かかってしまうとのこと)
特に、ツアーの最終日でその日のうちにロシアを離れるような時は、まず被害届を出す事は無理。
なので、犯罪者にとって団体ツアーは良い標的にされたりするそうです。
とにかく、団体ツアーで行く場合には、最後尾にならない+グループから離れない、ことだけでもかなりリスクが減らせるそうです。
犯罪の被害にあった、ロストバゲージが発生した、急に体調を崩した人が出た、などの場合には添乗員はそちらの対応をしなければならず、これまたそういう目配りが届いていない団体が狙われるそうです。

気をつけるケース:
(1)ガイドや添乗員がツアー客を急がせている[→]スケジュールがキツキツで警察に被害届を出す余裕がない
(2)添乗員が団体からよく離れる[→]何か問題を抱えているため、ツアー客に十分に目配り出来ていない

こんな状況になったなら、ゼッタイに犯罪者は目をつけます。
さらに、なぜかずっとグループをつけてくる人間がいる(帽子を深くかぶったりしている)、場合には確実にマークされているので警戒が必要だそうです。

image.jpg
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。