So-net無料ブログ作成
検索選択

(ロシア語)「毎日外国語の勉強をしたい」と思うのはすごいことなんです! [ロシア語]

なんというか私、これまで生きてきて、こんなに毎日外国語の勉強を自分でしているのは、初めてのことです。


CDブック これなら覚えられる! ロシア語単語帳

CDブック これなら覚えられる! ロシア語単語帳

  • 作者: 柳町 裕子
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2011/03/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


 この本、すっごい分量が絶妙です!
 多分語学が得意な受験生とか、学生よりも、苦手な学生とか社会人に向いているかもしれない。
 挫折しそうになる頃に、「あ、あとちょっとでこの動詞の項目が終わる」とかって分量です。だから、挫折しなくてすむんです。しかも、ノートに例文を書き取っていくと、いろんな事に注意がちゃんと向くようになっているし。これね、すごいと思う。
 これを読んでいくと、いままであやふやだったものとか、なんとなく判ったつもりでごまかしていたモノがはっきりと確実になります。

 そしてなによりも、本を買ってから今日まで、一日も休まずにロシア語の勉強をしていることが信じられない。いままでこんな事なかったのに!
 とにかく、とにかく、ロシア語がつまずいているのを何とかしたいという人には、これはお勧めです!絶対に元取れますから!

 あのね、外国語が得意な人には判らないかもしれないけれど、私みたいな苦手な人にとっては、とにかく続ける事自体が苦痛なんです。しかも、挫折した経験ばかり積み上がってしまうと、とても臆病になります。何冊か単語の本を手元に置いて、確かに役に立っているのもあるんですけど。毎日本を開こう、って思える単語の本はこの本が初めてです。

 今まで、外国語で挫折した人って、本屋さんで語学書を手に取って、ぱらぱらとページをめくった時に必ず頭のどこかで「ああ、でも俺には無理だろうな」って思ってしまうんです。
 学校の英語の授業で先生に注意された時のこととか、外国人を前にして英語が話せなかったりして途方に暮れた時の様子とか、いろいろと思い出しちゃいます。
 でも、でもですよ。
 私のように、その言葉の向こうに、なにかすごく「なにかわからないけどすごく素敵な別世界がある」って知ってしまった人にとっては、常に、語学が出来ない自分と素敵なモノとの間で心が揺れ動くことになります。不安だし、目立った成果が出てないし……でも、なにか向こうにあるモノはもっともっと気になってしまうし。
 そんな時に、なにか目に見える成果を出してくれるモノに出会うってのはすごく励みになります。

 ちょうど書き込んだ記事も100個目ですし……このブログの最終目標を、ちゃんとそれなりに日常や趣味とかそして出来れば仕事でも問題なくロシア語が使えるくらいに到達するまでに、どういうことで挫折しそうになったり、励まされたりしたかを報告していこうと決めました。
 特にロシア語を勉強している人は、私と自分自身とを重ね合わせたりして、挫折しそうになった時にがんばれるようなブログにしたいと思います。

 道のりは長いけど、まずは、一歩を踏み出さないと目的地には近づかないですもんね。
 ああ、そういう意味では……まだ出発して、間もない気がします……


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

ロシア語始めて2ヶ月目

はじめまして。
外国語の授業や勉強が苦手で嫌いで、とんちんかんな質問ばっかりして怒られて、でもロシア語に興味持って社会人になってからですが頑張ろうと思ったのですがやっぱり昔と同じようにつまずいていて、でもなんとか頑張りたいなと、泣きながらネットをさまよっていたら、あなたのこのサイトに出会えて、励まされました。もっとロシア語頑張ります。
勢いで書いたので文章がまとまってなくてすいません。
ほんとうに励みになりました。ありがとうございました。。
本当にきじの
by ロシア語始めて2ヶ月目 (2015-06-02 13:02) 

dayan

>ロシア語始めて2ヶ月目さん
ロシア語は挫折感を味わうのがかなり早い時期にある外国語です。
でも、やめない限りは大丈夫です。
下積みが長い外国語ですが、あるときふと何年か前に泣きそうになりながら、わかんないよう、と言っていた文章が判るようになっています。
そしたら、ああ良かった、私は前に進んでいるんだ! 少しずつなら覚えられる!と思ったら、その時はきっとロシア語が自分の味方のように感じるはずです。
やめない限りは負けません!
by dayan (2015-07-04 01:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。