So-net無料ブログ作成
検索選択

ロシアってそんなに悪の帝国なのかな? [ロシア語]

最近、ずーっと思うことなんですが……

 ロシアというか、旧ソ連って、凄く「悪の帝国」としていろいろと話に出てきていることに気が付くようになりました。
 確かにね、「それゃないだろう」と思うことをしてきたのは事実だと思います。
 けれど、なぜそんなにロシアだけを悪者にするの?
 戦争はあちこちに悲惨な出来事を生み出してしまいました。
 だけど、最近のドキュメンタリーでも、悪し様に「悪の帝国」とは言わないけれど、武力にものを言わせて他国を押さえつけてきた帝国、という扱いに対して凄く疑問をもってしまいます。

 先生についてロシア語を習い始めた時に、ぽつりと先生が「日本に来て、ロシアが悪い国として扱われているのに衝撃を受けました」と言ったことがずーっと頭に残っています。
 日本でのロシアのイメージ=アメリカから見たロシアのイメージ、と全く同じ事に衝撃を受けたそうです。

 確かに、ロシアは他国に対して「おいおい、ちょっと待ちなよ」と思うようなこともしていたのは事実ですけど……でも、その一方で、ある程度言葉を学んでくるとこの疑問が大きくなって来ています。武力についての問題ならば中国は?、アメリカは?、他の国々はどうなの? そもそも私たちがロシアに対してどれくらいのことを知っているの?と疑問をもったんです。

 本屋に行って、その陳列されている本を見ても、ロシアはマイナスの事を書き連ねた本ばかりが目立っていて、ロシアの魅力について書かれた本はわずかです。
 みんな描き方は「落ちぶれた悪の帝国」みたいなものばかり……
 しかもね、忘れているだろうけど、ロシアと日本は国境を接している、いわば隣の国なのに……なにかにつけて北方領土問題で持ち出されて、毛嫌いされているイメージばかり。

 ロシアを好きになれって言われたって、最初からは無理です。だって、マイナスイメージしかないもの。
 でもね、日本人て、平等にいろんな国の人に対して接することが出来る国民のはずです。
 だから、ちょっとだけ冷静になって、相手の良いところも見てみましょうよ。
 仲良く出来るところで、ちゃんと仲良くしたら良いじゃない。
 そういうの日本人は得意でしょう!
 たぶんね、身近にロシア人がいる人たちは、そういうことはないと思うんですよ。
 こういうマイナスイメージって、まったく知らない人たちがイメージだけで議論とかしてどんどん妄想をふくらませてしまっているのが大抵原因なんですよね。
 やめましょうよ、そういうの。
 せめて「悪の帝国」扱いはやめましょうよ。

 もうね、見ていて恥ずかしくなるもの。

 実は、今日、東欧に親しみを持っている人が、無意識にロシアを「悪の帝国」のように扱っているのを聞いて愕然としたんです。凄く感じの良い人なんですよ。でもふとしたときに、ロシアを「悪い国」として扱う言葉が出てくるんです。たぶん、本人も気づいていないはず。
(前に出てきた活動写真弁士の片岡さんじゃありませんよ、まったく別の人です。彼はWEB上なんかではわざと口が悪いですけど、実際は実物はとても紳士です)

 正直な気持ち、問題はあるけど、それでもいろいろと良いところもある友達をけなされているような感じでした。
 とても、複雑な気持ちでした。

p.s.
 まったく話は変わりますが……
 世の中のお父さん、お母さん、子供の友達が気に入らないからと「○○君は悪い友達だから付き合うのはやめなさい」みたいな事を簡単に言ったりしますが、それって言われた子供自身にすれば、自分の友達を否定されるということは、その子自身も否定されたように『感じる』ものです。絶対に、簡単に否定してはいけません。小さい子供は、親に反対することが出来ずに、その言葉に従うことも多いですが、とても傷ついてますからね。
 親が選ぶ友達なんて、成績が良くて、行儀のよい子供でしょうけど……もっと深いところの良い点なんか見てないんです。そこで間違うんです。
(成績が良くて、行儀が良くて、性格が悪いやつなんてごまんといますからね。むしろそっちのほうがたちが悪い。しかもそういうろくでもない性格の友達を親から押しつけられたら、子供は「うちの親には人を見る目がない」と必ず思いますからね)
 親の基準で子供の友達を切ったり、押しつけたりしたら、子供は自分から友達を作れなくなりますからね。

 子供ってね、意外にも大人にもわからないようなところまで、かなりちゃんと見てるもんですよ。




 ちなみに、私……子供も嫁さんもいなかったりしますけど……(^^;;;;;;;;

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

一読者

初めまして!いつも楽しく拝読しています。一読者と言います。
日本人人のロシアの印象が悪いのは、やはり旧ソ連時代の出来事が大きいと思います。記事で挙げられていた領土問題と太平洋戦争中における日ソ中立条約の一方的な破棄、その後のシベリア抑留(これは当時においても国際法違反。ついでにですが、ソ連は抑留者に対して賃金は払っていません。)のイメージが大きい要因でしょうね。
それと東欧に親しみを持っている人が、ロシアに反感を持つのも当然とも言えます。というのも、ソ連は自身の勢力から離れようとしたハンガリー、チョコスロバキアに対して軍隊を出動させて鎮圧しました。
その事もあって、東欧及びその地域を学ぶ人達にとってはロシア=ソ連は悪の帝国でしか無い。
日本、東欧共にロシアから過去に酷い目にあってるので、分かり合えるのはまだまだ先だと思います。
by 一読者 (2016-09-18 10:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0